« 薬師寺東京別院執事の法話 | トップページ | ドラマ「相棒ー劇場版ー」 »

グリーンロード・ウオーキング

4月29日に植木の里「安行」を歩く「グリーン・ウオーキング」に参加した。花曇りで風が涼しい絶好のウオーキング日和で募集人員の500名を超える人が参加した。埼玉高速鉄道の戸塚安行駅を出発し寺院、史跡、植木畑、緑道などを巡る約13kmのコースを約4時間で回った。近くに住んでいながら新しい発見のあったウオーキングだった。

Photo_13 はじめに訪れたのは824年に弘法大師によって創建された「西福寺」。境内には三代将軍家光の長女「千代姫」が1693年に建立した高さ23mの三重塔がある(左の写真をクリックすると大きくなります)。 東西南北の蟇股(かえるまた)にある12支の彫刻を見つけた(写真は酉、戌、猪)この写真を見る

「赤山城址」へ向かう竹林には沢山の筍が生えていた。規模は京都嵯峨野の竹林には及ばないが嵯峨野の竹林を歩いた雰囲気が感じられた。この写真を見る

お灸の寺として有名な「金剛寺」へ向かう植木畑では沢山の動物の形をした植木が迎えてくれた。この写真を見る 金剛寺では藤の花が満開であったこの写真を見る

毎年5月24日に五穀豊穣、天下泰平、無病息災を願って長さ10mの藁づくりの蛇を欅の木の上に祭る「安行原の蛇造り」。写真の蛇はまもなくお役目収め。この写真を見る 伝統行事を守っている地元の方に感謝。

「新郷貝塚」は南北150m、東西120mの縄文後期の貝塚。安行式土器、土偶なども出土とのこと。貝塚を出た林の中から鶯の澄んだ鳴き声が聞かれた。その年初めて聞く鶯のさえずりを「初音(はつね)」と言うそうだ。生の声を聞いて心が和んだ。私にとって今日が「初音」だった。

蜜蔵院では本堂裏側の丸窓から見える「みかえり地蔵」を参拝。桜の名所でもある。3週間前は大勢の人でごったがえしていた。この写真を見る

「一輪草群生地」では最盛期は過ぎていたが白い可憐な花が咲いていた。この写真を見る

「興禅寺」へ向かう林道の散歩は気持ちが良かった。道端には「十三仏」がたたずんでいた。この写真を見る

「緑化センター」には「安行原の蛇造り」として飾られる蛇が飾ってあった。この写真を見る

出発点の「戸塚安行駅」に戻り完歩のご褒美として真っ赤なゼラニュウムを貰って家路についた。

|

« 薬師寺東京別院執事の法話 | トップページ | ドラマ「相棒ー劇場版ー」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリーンロード・ウオーキング:

« 薬師寺東京別院執事の法話 | トップページ | ドラマ「相棒ー劇場版ー」 »