« 観劇「SISTERS」 | トップページ | フエルメール展鑑賞 »

ガラスの仮面観劇

Photo 8月9日(土)の午後に「彩の国さいたま芸術劇場」に美内すずえ原作、蜷川幸雄演出の音楽劇「ガラスの仮面」を見に行った(左の絵は「彩の国さいたま芸術劇場」のパンフレットからスキャン)。
開演に先立ち、舞台装置などを説明してくれる「バックステージツアー」に参加した。開場後、観客が大勢入場したころにツアー参加者が入場した。入口すぐの席には演出の蜷川幸雄さんが観客の様子を見ていて、我々の入場を迎えてくれているようであった。
ツアーは舞台上の観客席に近いところからはじまった。1階、2階を合わせて776席ある観客席を見渡すと、照明が明るいせいか観客の顔がはっきりと見えた。約24mある一番後ろの席や2階席の人も以外に近く見えた。役者からはこんな風に見えるんだと思うとともに役者になったような気分になった。
舞台の天井には照明などを吊るす「バトン」という棒が36本あり、上下して舞台をつくるとのことだった。
左右の「そで」には本日使用する沢山の装置が置いてあった。どの場面で使われる装置なんだろうと興味をもって見た。
このころから出演者46名のうちの15名位が舞台上で準備運動を開始した。
主舞台の奥行が約18m、後舞台が約18mでトータル36mある奥行は日本一とのこと。これだけの奥行があるからこそ、「エレンデイラ」での人の行列が遠くからだんだん大きくなって歩いてくるシーンや「コリオレイナス」での高い階段のシーンが造れたのが解った。一番奥から約60mある最後列の観客席を見ると随分と遠くに見えた。
開演5分前の放送の時には準備運動をする役者の人数も多くなり、舞台装置も運び込まれツアーが終了した。
自分の席に着くと同時に、先ほど舞台上で準備運動をしていた役者が一斉にバレーのレッスンを開始する場面から劇がスタートした。
バレーのレッスンの場面や劇中劇の場面では鏡が使われた。鏡を使う劇を観たのは今回が4回目だった。今回の劇中劇で北島マヤが観客席に向かって歌を唄うシーンでは、観客席側にいる役者が歌を唄う様子が鏡で写されていた(もちろん本当の観客も写っている)。このシーンの鏡の使い方には感嘆した。このシーンは脳裏に強く刻まれ、決して忘れることはないだろう。
今回は雨のシーンも何回かあったが雨を降らす劇を観たのは2回目だった。舞台に近い席だったので、雨による冷気が心地よかった。
舞台造りでは、劇中劇でのコンクールで北島マヤと姫川亜弓が同じ「たけくらべ」を張り合って演じるシーンが面白かった。舞台中央に木を、その左右に同じ家を置き、同時に同じシナリオがマヤと亜弓によって演じられた。個性の違いにより、表現が変わることを示していた。また、コンクールは時間的にシリアルに演じられるのであるが、時間的にパラレルにして時間差をなくして表現する手法も面白かった。
Photo_2 北島マヤ役の大和田美帆さんは初めて見た瞬間、母親の岡江久美子さんに良く似ていると思った。特に横から見た目が似ていた。発声、歌、踊りなどすばらしかった。
一方、姫川亜弓役の奥村佳恵さんは初舞台で、しかも2日目の演技だったが、プライドの高い亜弓役を良くこなしていた。すらりとした体形、かわいい顔だち、バレーをやっていたとのことで、劇中劇での「サロメ」役での踊りは大人の雰囲気が感じられ見とれてしまった。発声が向上すれば立派な舞台役者になるのではないだろうか。
忘れてならないのは月影千草役の夏木マリさんだ。杖をついて歩行をしながら、劇団の創立や北島マヤを育てることに情熱を注ぐ役はすばらしかった。低音での歌もとても良かった(上の写真は「彩の国さいたま芸術劇場」のパンフレットからスキャン)。
「恋の骨折り損」で女役を好演した月川悠貴さんが青木 麗役で女性らしさを醸し出していた。次回の「から騒ぎ」でどんな女性を演じるか期待したい。
ニノ宮恵子役の黒木マリナさんは可愛いルックスでダンスも良かった。今後、気をつけて見ていきたい女優だと思った。
まだ結末のない原作をどのように演出するかにも興味があったが、「紅天女」が能面のような仮面を冠り,衣を翻しながら天へ昇るシーンは感動的であった。「ガラスの仮面」という作品への賛歌のようにも思えた。この「紅天女」を演じた女優さん(名前がわからずごめんなさい)、天井高く吊りあげられ大変だったのではないでしょうか。お疲れ様でした。
今回の「ガラスの仮面」は子供向で、大人が観るようなものではないが、蜷川さんの劇を追っかけている手前、観なければという軽い気持ちで観に行った。ところが、とんでもなかった。高齢者にとっても大変楽しめる作品だった。

|

« 観劇「SISTERS」 | トップページ | フエルメール展鑑賞 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

初めまして! 延暦寺を調べていてお邪魔させていただいてます~
あちこちお出かけされているのですね^^
参考にさせていただきます~
σ(⌒ ⌒)アタシは あまりUPしませんが 
怪しいものではありませんので
URL入れておきますね^^
また 遊びに来ます~ 今日はご挨拶でした~
(*- -)(*_ _)ペコリ

投稿: みらい | 2008年8月16日 (土) 08時24分

みらいさん、「風に吹かれてケ・セラ・セラ」を訪問してくだされありがとうございました。延暦寺をお調べとのことですがお役にたてたでしょうか?
みらいさんのURLを読ませていただきました。軽妙洒脱な文章ですね。「日帰り京都の旅」の寺社は私も訪れた所でしたので、当時のことが思いだされました。

投稿: マックさん | 2008年8月17日 (日) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの仮面観劇:

« 観劇「SISTERS」 | トップページ | フエルメール展鑑賞 »