« さいたまネクスト・シアター「美しきものの伝説」観劇 | トップページ | 平成23年年賀状作成余話 »

大腸内視鏡検査体験記

平成22年11月末に「大腸がん」の簡易検査を行ったら2日間の検便の中、1日目の検便に潜血があった。かかりつけの主治医から「病院あての紹介状を書きましょうか」と聞かれた。
主治医は「大腸がんの検査はきついけどね」と言ったが、母親をはじめ母方の叔父さん達が「がん」で亡くなっているので紹介状をお願いした。
潜血のほかに便が細くなったような気がしたり、下痢になったりしていたので、ひょっとすると「大腸がん」に罹ったかなと思ったりした。
12月10日(金)に紹介状を持って病院の内科の先生と面談した。
先生から「大腸がん」の検査方法には
①バリュウムをお尻から注入してレントゲン撮影を行う方法、
②内視鏡をお尻から入れて腸の中を目視する方法
とがあることや夫々の方法の利点、欠点の説明があった。
医師の目で直に確認してもらった方が良いと思ったこと、胃の検査でバリウムを飲んだ後で排便に苦労した経験があったので内視鏡の方法を選択した。
検査日が12月27日(月)の午後2時30分に決まり、看護師から当日までの注意事項と下剤「マグコロールP50g」の飲み方の説明があった。
感染症の検査のために採血を行い、受付で診察料を支払い、下剤「マグコロールP50g」を受け取って帰宅した。
12月26日(日)の午後7時までに食事を済ませ、午後8時に下剤「マグコロールP50g」を150mlの水に溶かして飲んだ。飲みにくい味ではなかった。
下剤を飲んだ後、12月27日の午前8時30分に病院の「内視鏡センター」に着くまでに5回位トイレに行った。
腸の中にあった食物が水のようになって出た。
午前8時40分頃に看護師から腸を洗い流す「ニフレック」の飲み方の説明があった。
液体にした「ニフレック」2lをコップに1回250ml入れ、15分かけてゆっくり飲むようにとのことだった。
つまりコップの250mlの薬を8回、約2時間かけて飲むようにとのことだった。
9時頃から飲み始めた。スポーツドリンクのような味であった。
1回目の250mlを飲み終わった時に初めてトイレに行った。
当日、内視鏡検査を受ける人は7名で、そのうち、1名は自宅で飲むために帰宅したので、6名が病院で飲んだが、自分が最初のトイレ行きだった。
黄色の液体にまだ食物が残っていた。
午前11時過ぎに2lを飲み終わったが、それまで12~13回、トイレに行った。
他の人に比べトイレに行った回数が3回~4回多かった。
「ひょっとすると大腸がんに罹っているいるからトイレの回数が多いのかな」と考えながら「ニフレック」を飲んでいた。
排泄は当初黄色の液体だったが最後には透明に変わっていた。
午後1時に問診票が配られた。
高血圧、糖尿病、前立腺肥大、緑内障、心臓病などの病気が無いか、麻酔アレルギーが無いか、現在の排泄の色などが問われていたので、高血圧の薬を飲んでいること、排泄は透明になっていることのみチェックして提出した。
午後1時30分に最初に検査を受ける人2名が検査に向かった。
検査時間がどの位か気になっていたが約20分位で検査室から出て来た。
検査開始から自分の予約時間までにトイレに3回~4回行った。
従って、「ニフレック」を飲み始めてから検査のために呼ばれるまで15回~17回トイレに行ったことになる。
看護師からトイレの排泄状況を聞かれたので「透明の液体です」と答えたら、その状態であれば検査に入れると言われた。
次に下半身はパンツ、靴下などを脱いで、後ろが開いているパンツを佩き、上半身はシャツの上から検査用上着を着るように説明があった。
スリッパを履き検査室に入ると、氏名の確認、血圧測定、問診票にあった高血圧や糖尿病や前立腺肥大などの病気が無いか、麻酔アレルギーが無いかなどを再度聞かれた。
問診票通りに答えるとベットの上に横たわるように指示された。
その後、大腸の動きを止めるための注射を打たれた。
医師が名前を呼び、「内視鏡検査は初めてですか」とリラックスするように話しかけてくれた。「お尻を消毒します」と言って、穴の部分を何かで拭った。
「始めますよ」と言って内視鏡を入れ始めた。
すぐに「腸が奇麗になっています」と言った。
「昨日、下剤を飲んでから検査に入るまでに20回強もトイレに行ったので、腸も奇麗になっているのだ」と考えていた。
「空気で腸を膨らませますので、おならが出たい時には遠慮なく出して下さい。腸には何もないですから何も出ませんから」と言って空気が吹き込まれた。
右腹の盲腸の所が痛かったので、その旨言ったら「そうでしょね」とつれない返事だったが、医師がこの状況を認識していることを知って安心した。
更に空気を入れられると胃の部分やお腹全体がひどく痛くなった。
この状態が主治医が「検査がきつい」と言っていたことだなと思いだし歯を食いしばって我慢した。
検査時間が他の人より長く感じ、「もしやがんがあるために検査に時間がかかっているのかな」と思ったりしていた(終了後に時計を見たら他の人と大差なかった)。
「終わりました」と言って医師は隣の部屋に向かった(検査の所見を言ってくれたが個人情報につき省略。正式所見は後日、内科医からある)。
看護師がお尻を吹いた後に検査後の注意事項を書いた紙をくれた。
着替え後、受付で検査料を支払ったが、お腹がはって痛んでいたので、車で迎えにきてもらった。
午後4時前に自宅についたが、まだ痛みが残っていた。
貰った紙に「トイレに行ったり、右側を下に横になったり、腹ばいになったりして空気を出すと楽になります」と書いてあったので、右側を下に横になったらガスが何回も出て来た。
その後もガスが出続け、徐々に楽になって行った。
検査中に右わき腹がひどく痛くなったが、右側を下に横になってガスを出すと楽になったこととどんな関係があるのだろうか。
「お腹の状態が落ち着いてたら食事は普通に摂っても構いません」と書いてあったが、食べる気になったのは検査終了後、約2時間30分後だった。
なお、内視鏡センターにはウオッシュレットトイレが3ケ所あったが、6名だったので他の人の様子を見ながら入らなければならなかった。
次回の時には、自宅で「ニフレック」を飲んだ方が良いと思った。

|

« さいたまネクスト・シアター「美しきものの伝説」観劇 | トップページ | 平成23年年賀状作成余話 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大腸内視鏡検査体験記:

« さいたまネクスト・シアター「美しきものの伝説」観劇 | トップページ | 平成23年年賀状作成余話 »