カテゴリー「音楽」の記事

ドレスデン「ジルヴエスター・コンサート2014」

今日(平成27年2月18日)は雨でテニスレッスンが休みなので、録画してあったエメーリヒ・カールマーンの喜劇「チャールダーシュの女王」ハイライト(演奏会形式)を観た。

2014年12月28日にドレスデン国立劇場で行われたもので、NHK BSプレミアムシアターで放送されたものだ。
初めて名前を知った作曲家の初めて視聴したオペレッタであった。
演奏はドレスデン国立管弦楽団、指揮はクリステイアン・テイーレマン、タイトルロールのシルヴアは売れっ子のアンナ・ネトレプコ、伯爵エドウインはフアン・デイエゴ・フローレス、スタージはクリステイーナ・ランズハマー、ボーニはパヴオル・ブレスリク、フエリはセバステイアン・ワルテイヒ、侯爵はベルンド・ツエテイッシュ、公証人はボルガー・シュタイナートだった。
「愛」をテーマに「恋」と「結婚」と「幸せ」についての男女間の齟齬の作品だった。
ナイトクラブの歌手であるシルヴアと伯爵のエドウインは恋中になるが、家柄の違いによる家族の反対で一旦は別れる(シェークスピアの「ロメオとジュリエット」と同じ状況)。
兵役から戻ったエドウインは父親の薦めるスタージと結婚しそうになる。
一方、シルヴアは侯爵と結婚の宣誓書を取り交わすが、エドウインの友人のボーニと結婚したと嘘をついてエドウインの結婚発表披露宴に来る。
元々、お互いに愛しているシルヴアとエドウインは結婚をすることになる。
一方、婚約者のスタージはボーニに見初められ結婚することになる。
結末は2組のカップルが誕生し目出度し、目出度しとなる(「ロメオとジュリエット」と違う)。
観ての感想は「喜劇」と言うよりは観てて楽しい「楽劇」という感じだった。
天真爛漫なアンア・ネトレプコは素晴らしい歌唱に加え、合唱団と観客の手拍子に合わせチャールダーシュの調べに乗ったダンスを披露するなど、根っからのエンターテナーだ。
前奏修了直後のシルヴアのアリア「わが心の故郷」(「ジューベンピュルケンの娘」の歌と言うらしい)、ボーニとフエリの二重唱「ナイトクラブで歌う女たち」、シルヴアとエドウインの二重唱「夢の中の君」、「覚えているかい、美しい夢」、スタージとボーニの二重唱「ツバメにあやかって家庭を」など美しいメロデイと歌唱を楽しんだ。
(注)「」内の歌の題名は歌詞から私が勝手につけたもので、正式なものではない。
言語は「ハンガリー語」だったのかな?。
日本語への翻訳が素晴らしく「恋は甘い天国、甘い地獄」とか正確な翻訳は忘れたが「世の中で幸せをさがすのでなく、自分の心の中に幸せをさがすのよ」、「愛があればいつでも幸せになれる」など人生訓めいた素晴らしい言葉があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第58回NHKニューイヤーオペラコンサート

1月3日の19:00~21:00に放送された「第58回NHKニューイヤーオペラコンサート」の録画を観た。毎年、録画をしてゆっくり観るのが習わしになっている。

今年のテーマは「恋する喜び恋する哀しみ」で有名オペラの名場面の歌を22人のソリストが歌った。演奏は東京フイルハーモニー交響楽団、指揮は広上淳一、司会は高橋美鈴アナ、俳優の石丸幹二であった。
舞台、衣装、合唱、舞踊、演奏、歌唱が一体となったコンサートでオペラ好きの自分にとっては至福の時だった。
オープニングはムソルグスキーの歌劇「ポリス・ゴドノフ」から「ポリス皇帝に栄光あれ」を出演者全員で歌った。金色に輝く舞台と大合唱とで豪華な幕開けだった。
以下に歌唱順にリストアップしておく。
1.プッチーニ作「トウーランドット」でカラフが歌う「誰も寝てはならぬ」を西村 悟。
2.レハール作「ジュデイツタ」からジュデイツタが歌う「熱き口づけ」を中嶋彰子。
3.プッチーニ作「ラ・ボエーム」からロドルフオが歌う「冷たい手を」を望月哲也、ミミが歌う「私の名はミミ」を砂川涼子。
4.グノー作「フアウスト」からメフイストフエレスが歌う「金の子牛の歌」を妻屋秀和、三重唱「逃げろ逃げろ」をメフイストフエレスの妻屋秀和、フアウストの山本耕平、マルガレーテの小川里美。
5.ヘンデル作「リナルド」から前奏曲演奏、リナルドが歌う「風よ、旋風よ」を藤木大地、アルミレーナが歌う「涙の流れるままに」を白木あい、アルミーダが歌う「私は戦いを挑み」を山下牧子。
6.レオン・カヴアルロ作「道化師」から「鐘の合唱」を合唱団、カニオが歌う「衣装をつけろ」を村上敏明。
7.マスカーニ作「カヴアレリア・ルステイカーナ」から乾杯の歌「酒をたたえて」をトウリツドウの与儀 功、ローラの鳥木弥生。
8.バ-バー作「ヴアネッサ」からエリカが歌う「冬はすぐそこまで」を林 美智子。
9.ストラヴインスキー作「道楽者のなりゆき」からアンが歌う「夜よひそかに」を田村麻子。
10.ヴエルデイ作「リゴレット」からマントヴア公爵が歌う「風の中の羽のように」を福井 敬、
ジルダが歌う「慕わしい人の名は」を幸田浩子、四重唱「美しい乙女よ」をマントヴア公爵の福井 敬、マツダレーナの鳥木弥生、ジルダの幸田浩子、リゴレットの上江隼人。
11.ベルリーニ作「清教徒」からリッカルドが歌う「命をかけて」を堀内康雄。
12.マイヤーベーア作「デイノラ」からデイノラが歌う「影の歌」を森 麻季。
13.ドニゼッテイ作「愛の妙薬」からネモリーノが歌う「人知れぬ涙」を錦織 健。
14.チャイコフスキー作「ジャンヌ・ダルク」からジャンヌが歌う「森よ、さようなら」を藤村実穂子。
エンデイングは正月に相応しいヴエルデイ作「椿姫」から乾杯の歌「友よ、さあ飲みあかそう」
を出演者全員がワイングラスを持って歌った(昨年も同じ)。
出演者の皆さんは解放感からか楽しそうに歌っていた。これからが正月になるのだろう。
ソリストの皆さんの素晴らしい歌声に時間が経つのを忘れていた。
あっと言う間の2時間だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新交響楽団第220回演奏会

平成25年1月27日(日)14:00からすみだトリフオニーホールで新交響楽団第220回演奏会を聴いた。
指揮は高関 健でベルクの「3つの管弦楽曲」、ブルックナーの「交響曲第5番(ハース原典版)」が演奏された。
ベルクの音楽は以前にバレンボイム指揮、オペラ「ルル」のビデオを観たことがあった。
のっぺりした不思議な音楽だという印象だったが、「ルル」の物語りの内容にはマッチしていた。
今回の「3つの管弦楽曲」のプログラムノートを読むと、ベルクは無調、12音技法を駆使した作曲家とのことで、ベートーベン、カラヤン、ウイーンフイルの音が交響楽と思い込んでいたので、上記のような印象を受けたのだろう。
第1曲「前奏曲」、第2曲「ワルツ」、第3曲「行進曲」を聴いたが、シュトラウスのワルツ、エルガーの「威風堂々」やヴエルデイの「アイーダ」の行進曲に耳馴れている?(それほどでもないが、何回か聞いている)せいか、やはり違和感を感じた。
古い感性のためかも知れないし、新しい革新に追いついていないのかも知れないと思った。
ブルックナーの「交響曲第5番」はとにかく長いという感覚だった。
前々夜、拘束時間約6時間のオペラ「トロイアの人々」を観たために時間の長さに疲れを感じたためなのかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京女子大クリスマスコンサート「Messiah」

平成24年12月15日(土)17:00から杉並公会堂で行われた東京女子大学クリスマスコンサート「第58回メサイア(58th Messiah)」を聴きに行った。
マキナオフイス加藤牧菜さんの友人でソプラノ歌手の山口佳子さんが出演するので出かけた。
G.F.Händel作曲"The Messiah"だった。
指揮 中内 潔、合唱 東京女子大学クワイア、オラトリオ合唱団、男声ボランテイア、ソプラノ 山口佳子、アルト阪口直子、テノール望月哲也、バリトン萩原 潤であった。
敬虔な気分になる美しい曲、素晴らしいソリストの声、合唱団の響き渡る声に感動した。
バロック音楽と美しい歌唱により敬虔な気持ちになるとともにもうクリスマスシーズンになったのだと実感した。
山口さんの澄んだ高音、「ころころと音を震わせる」歌唱法(「ころころ」だから「コロラトウーラ」なんて思ったり)などが素晴らしかった。
歌詞が英語でイタリア語が得意な山口さんは英語も堪能だなと思い、C.L.A Thomasのオペラ「ミニヨン(Mignon)」ではフランス語で歌っていたのを思い出しながら聴いていた。
オペラ歌手は多才だなと感心して帰ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

唱歌・童謡コンサート「歌を忘れたカナリヤ」

平成24年12月9日(日)14:00からサントリーホールブルーローズで行われたソプラノと室内楽によるなつかしい日本の歌第3回「歌を忘れたカナリヤ」を聴きに行った。
主催は知り合いのオフイスマキナの加藤牧菜さんで司会も行った。
歌はソプラノの駒井ゆり子さん、演奏はフルート西田紀子さん、ヴイオラ岡 さおりさん、チエロ植木昭雄さん、ピアノ仲田淳也さんであった。
「箱根八里」から始まり「里の秋」まで懐かしい唱歌・童謡を聴き、「星の界」、「たなばたさま」、「夕焼小焼」は会場の全員で歌った。
元の会社の友人は全員で歌った曲以外でも歌詞を口ずさみながら聴き入っていた。
編曲を加藤牧菜さんのお父さんが行ったそうですが、タンゴ調の「花嫁人形」、軽快なテンポの「会津磐梯山」は聴いてて心が浮き浮きした。
加藤牧菜さんのウイットに富んだ演出としゃべりには思わず笑ってしまった。
会場の皆さんも和やかな雰囲気になったようだった。
歌の駒井ゆり子さんの澄んだソプラノに聴き入ってしまった。
また目の動きにより表情を変える様子に見惚れ流石オペラ歌手だと感心しながら聴いていた。
「かわいいさかなやさん」では演奏者がそれぞれの楽器を使って、豆腐売りや納豆売りなどの音を演奏し楽しませてくれた。
とにかく楽しいコンサートであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新交響楽団第217回定期演奏会」

217 平成24年4月30日(月・祝日振替)午後、オペラシテイホールで行われた「新交響楽団第217回定期演奏会」を聴いた。
通路を隔てた席に黒ラブの盲導犬が寝そべっていた。毛が手入れされていて黒光して綺麗だった。
イベールの「祝典序曲」でテインパニと大太鼓が同時になった時に驚いて起き上った。
すぐに主人が手でさわると大人しく寝そべった。鳴き声は出さなかった。
犬は耳が良いそうなのでテインパニと大太鼓の大きな音は耳障りなのかなと思いながら曲を聴いていた。
時々、首を上げ主人の顔を見て再び寝そべることを繰り返していた。
劇場に「盲導犬」を預かるコーナーがあれば良いのにと思った。
今回のプログラムは伊福部 昭「交響譚詩」、イベール「祝典序曲」、メインはマーラー「大地の歌」だった。
指揮は飯守泰次郎、「大地の歌」の独唱は福原寿美枝(アルト)、福井 敬(テノール)で行われた。
「交響譚詩」の譚詩(たんし)とはバラードのことを言うのだそうだ。
この曲は伊福部 昭の兄が若くして亡くなったので、その兄に捧げるために作曲した曲だとのこと。
兄と戯れた状況を思いだしているような雰囲気の曲に続いて、亡き兄を悼む悲しい曲となって行った。
「祝典序曲」は1940年(昭和15年)の紀元2600年の祝賀演奏会のために依頼して出来た曲とのこと。
祝典に相応しく力強く元気な曲だったが、日本の祝典としての日本的な雰囲気はない曲だった(西洋的なお祝い曲)。
「大地の歌」は李白、孟浩然、王維などの詩を元に作曲されているとのことなので、中国的な曲が所々に現われていた。
第一、三、五章の独唱は福井 敬(名前は知っていたが見聞きは初めて)、第二、四、六章は福原寿美枝(オペラ「古事記」の「イザナミ」役で見聞き)が独唱した。
歌詞がドイツ語だったので状況が把握できなかったのが残念だった(プログラムノートに日本語訳が載っているのを後で気がついたが後の祭りだった)。
曲により情景をイメージする能力のなさを痛感した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新響第216回定期演奏会

平成24年1月14日(土)19:00から東京オペラシテイで開催された新交響楽団第216回定期演奏会(指揮は山下一史)に行った。
今回はロシア5人組(初めて知ったがリムスキー=コルサコフ、ボロデイン、ムソルグスキー、キュイ、バラキレフのことだそうだ)の中、名曲を残したリムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」、ボロデインの「交響曲第2番ロ短調」、ムソルグスキー/ラヴエルの組曲「展覧会の絵」が演奏された。
「スペイン奇想曲」の旋律はスペイン民謡集から学んだそうで、全体的に明るく、陽気な雰囲気の曲でスペインの雰囲気があるものだった。
ボロデインは化学の分野でも世界的な研究者だったそうだ(ボロデイン反応、アルドール反応の発見)。
曲としては抒情詩的な雰囲気で東洋的でもありロシア的な感じがした。
組曲「展覧会の絵」は以前にラヴエルの作曲として聞いたことがあると思ったら、原曲はムソルグスキーで、ラヴエルがオーケストラ版に編曲して有名になったのだそうだ。
一番強烈に印象に残ったのはプロムナードの曲だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新交響楽団第215回演奏会

平成23年10月30日(日)の午後にすみだトリフオニーホールで行われた新交響楽団第215回演奏会を聴きに行った。
今回は高関 健 氏が指揮者だった。
曲目はシエーンベルク「5つの管弦楽」とマーラー「交響曲5番」であった。
シエーンベルクという作曲家は初めて聞く名前であった。
会場で配布されたプログラムによると自分の内面を表す表現主義の作曲家で当時は演奏会で観客が退席してしまったという逸話があるくらい革新的曲だったそうだ。
今回の「5つの管弦楽」は確かに今まで聴いている曲とは異質なものだった。
音痴の私には残念ながら彼の心の中を感じとれなかった。
演奏者の技術練習曲のような印象だった。
マーラー「交響曲5番」は指揮者の高関 健 氏が団員との会話で第1楽章で「もう俺は死ぬか」、第2楽章で「これからどうやって生きていこう」、第3楽章で「突然彼女が現われ有頂天になり」、第4楽章で「大好き!」と告白し、第5楽章で「結婚しました」と告白していると話してい記事を読んでいたのでなるほどという感じて聴けた。
第3楽章でオブリガード・ホルン奏者が指揮者の横で演奏したのも初めて見た。
また「ホルツクラッパー」(木を叩いて音を出す楽器)という楽器は団員が手作りで作ったものだそうだ。
木製の長方形の筒(1面がナラの木、他3面は松の木)をナラの木のバチで叩いて音を出していた。
タタタンタン、タタタンタン、タタタンタンと良く響いていたが、筒のどちらの木を叩いたのだろう。
長い曲だったが楽しめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松 たか子「コンサート」

Time_for_music154 平成22年2月5日(金)の夜にサンシテイ越谷市民ホールで行われた「Time for music」と命名した「松 たか子 コンサートツアー」に行ってきた(左の写真はCD「Time for music」のカバーをスキャン)。
「松 たか子」は演劇では良く観ている。
'07年2月に「ひばり」、'07年8月に「ロマンス」、'08年4月に「ラ・マンチャの男」、'09年1月に「パイパー」、'09年9月に「ジェーン・エア」などだ。
舞台での発声が素晴らしく、声量はもとより何種類かの音質を使用するなど将来性のある有能な舞台女優だなと思っていた。
映画ではモントリオール世界映画祭で監督賞を受賞した「ヴイヨンの妻」での演技力に感銘した。
音楽は「ラ・マンチャの男」で聴いただけで、コンサートなどの生やCDなどは聴いたことがなかった。
従って大変興味を持って聴きに行った。
当日歌った曲はチラシなどが配られなかったので(帰宅後、プログラムを販売していたことを知ったが)題名が解らないが、昔聴いたことのあるフオークソングで忌野清志郎が日本語訳した「500Miles」、父親の市川染五郎(現在の松本幸四郎)が作詞、作曲した「野バラ咲く路」がしっとりとした歌い方で今でも耳に残っている。
そのほかオリジナル曲などで「いいなあ」と思って聴いた曲もいくつかあった。
しかし、英語のカヴアー曲でロック調の歌の場合にはスピーカーの音量が屋外コンサート並に大音響だったので、「松 たか子」も声を張り上げて歌っていたが、歌詞が聞き取りにくく残念だった。
もう少し、音量を下げた方が良いのではないかと思ったのは自分だけだろうか。
会場でコンサート限定のCD「Time for music」を買って、家で聴いたが、どの曲も楽曲が耳障りでなく「松 たか子」の歌を楽しむことが出来た。
また、立ちあがって手拍子をして聴くのは歌手と聴衆との一体感があって良いのだと言う人もいるが、アンコールの時のスタンデイングオウベイション以外は席に座って聴いていて欲しいなと思った。
今回のコンサートを聴いて、舞台での発声どおり歌でも声量があり、時にハスキーな声で情感を出すなど歌手としての魅力も感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小澤征爾&新日本フイル演奏会

Photo 平成21年12月8日(火)の夜に小澤征爾&新日本フイル演奏会に行った。今回の演奏会は「彩の国さいたま芸術劇場」の開館15周年記念事業として同劇場の芸術監督である蜷川幸雄の依頼により実現したとのこと。埼玉会館の大ホールで行われたが、小澤征爾の人気の高さを示してチケットは完売したとのことで、開館30分前から長蛇の列だった。
演目はピアニストの上原彩子を迎えてベートーヴエン「ピアノ協奏曲第1番」とブルックナー「交響曲第3番」であった。
上原彩子は2002年のチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門で第1位を受賞し一躍人気ピアニストとなったが、初めて演奏を聴くので楽しみにしていた。
上半身をピアノにかぶせるようにし、時には足に力を入れ腰を浮かす様にして鍵盤をたたく様子が印象に残った。指の動きに見とれ心地よい音を聴いているうちに頭がこっくりして慌てて姿勢を正した。
ブルックナー「交響曲第3番」は信奉していたワーグナーを訪れて献呈の許可を得たことから「ワーグナー」と呼ばれているそうだ。
小澤征爾の演奏を見るのは久しぶりだった。
音楽音痴の自分にとっては曲のためかどうか解らないが、以前のダイナミックな指揮ぶりから年を重ねた円熟した指揮ぶりに見えた。
聴衆の拍手に応える姿は好々爺といった雰囲気が感じられた。
現政権の事業仕分による芸術関係の予算削減に対して小沢一郎に陳情に行ったという記事を見たが、まだまだ気力は充実しているんだなと感じた。
その時小澤征爾が「自分は音楽界の嫌われ者」と言っていたが、今後とも「嫌われ者」を継続して欲しいなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)